和紙文化の進化系『からかみ襖』の世界

 We are newly selling “karakamifusuma”goods

からかみ襖 商品群
襖紙施工写真
作業風景

私ども小泉襖紙加工所は、江戸時代より続く江戸「唐七」からの伝統技法を受け継ぎ、今日まで唐紙を襖紙として製造してまいりました。唐紙の良さをより多くの方々に知っていただきたいと思っておりました。その思いをもとに「からかみ襖」の商品群を、唐紙の歴史や伝統技法を生かした、和の文具として製造しております。記念日や旅行など楽しい思い出の記録に役立ち、身近にお使いいただけるものを目指しました。ご愛用いただければ幸いです。これからも、長くお使いいただける商品を作り続けていきたいと願っております。どうぞよろしくお願い致します。


We Koizumi Fusumagami works have been producing “karakami”,using a traditional artistic technique established in Edo period (1603~around1868 ).
KarakamiFusumagami is a type of Japanese decorated paper used in interiors such as sliding doors and folding screen.
Washi or Japanese paper for karakami was originally made by hand, from Japanese vegetable fiber such as “mitumata “ and “kozo “.
We have long desired this rich and beautiful karakami known to many people both domestic and international.
Now we’ll put stationery with “Wa”(Japanese) taste and atmosphere on sale.
We’d be very glad and happy if you enjoy it.

和綴じノート使用例


早くGoTotoトラベルに行きたいけど、身近な場所で楽しさを再発見しました。

和綴じノート 使用例